セックスができない…トラウマの原因と克服法

セックスができない原因は主にトラウマが関係していると言います。幼いころに性へのトラブルに巻き込まれてしまった。性教育が浸透してきたとは言え、性犯罪が多発している中嫌悪感さえ感じる人もいます。そんな性のトラウマから逃れるための解決法です。

セックスとトラウマの関係!克服で快適な生活へ

セックスにトラウマを抱えてしまう人は数えきれません。特に性への暴力を受けやすい女性は男性に比べても被害に陥りやすいようです。ではセックスをトラウマに感じさせないようにするには何が最適なのか?1つずつ紐解いていきましょう。

セックスにトラウマのある人は多い

まず理解してもらいたいのが、セックスにトラウマを抱えている人はあなたが思っている以上に多いということです。

セックスができない原因

セックスができない原因は主に4つに分けられます。どれに当てはまるのかを知ることで克服への第一歩になるでしょう。

身体的暴力によるトラウマ(レイプ・乱暴なSEX等)

体罰とも言える行為に等しいものです。人間は嫌なことを経験するとフラッシュバックのように思い出して拒否反応を引き起こすことがあります。特に幼少期、思春期に起きたものは鮮明に思い出されてしまうので大人になっても同じことが言えます。

心理的・言葉の暴力によるトラウマ

何もトラウマは身体的なものだけではなく、心理的にも働くことがあります。男性であればセックス中に早いとか、ペニスが小さいとか言われるとそういった些細な理由からトラウマに変わるパターンもあるようです。女性であれば胸が小さいとか不細工だとかの理由でコンプレックスがトラウマに変わることも考えられます。

妊娠中絶のトラウマ

一度中絶を経験した方であれば分かるかもしれませんね。中絶するということは命を一つ失うということです。一度お腹の中に芽生えた命が、何らかの理由で中絶をしなくてはいけなくなってしまうと子供を産むのが怖い、となります。セックスは避妊をしていても妊娠する可能性もあるわけですから、もう二度と中絶はしたくないという想いからトラウマに変化していくようです。

育った環境(両親のSEX目撃・SEXは不潔なものとしつけられた等)

生まれ育った環境からもセックスに対するトラウマは発生します。両親のどちらかが異性絡みで離婚をしてしまったというケースが多いでしょうか。セックスと異性という問題は成長してくると避けられない問題になってきます。セックスは汚いもの、嫌なものという認識が強まってしまうことでトラウマになることもあります。中には両親のセックスを目撃をしてしまい、「うちの親が……。」という気持ちに苛まれて拒否反応も引き起こすことだって考えられます。

 

セックスができない2つのタイプ

セックスを毛嫌いする2つのタイプです。

セックスへの恐怖心がある人

セックス=アダルトビデオと思い込んでしまっている人によくある症状です。ノーマルなものであればさほど問題はないのかもしれませんが、中には集団で一人の女性に暴力をふるったものもあるのでそういうイメージを持ってしまう方もいます。また実際に過去にレイプの被害にあった方などはその恐怖心から抜け出せないままでいる可能性もあります。

セックスへの嫌悪感がある人

セックスと聞くとどうしても「はしたない」とか「いやらしい」という言葉が頭を過ぎります。子孫を残すための行為と考えるのであればある意味神聖なもののようにも思えますが、男女が交じりあうことが如何わしいと感じてしまっている人はセックスができない傾向にあります。

セックスができないのは病気?

断言はできません。ただセックスができないのは身体的面と精神的面の関わりがあるようです。

セックス恐怖症

実際に「性交障害」という言葉もあるくらいです。主にトラウマや性交した時に生じる痛みが原因でなってしまうことがあるようです。男性であればEDなどの身体的面から、女性であれば精神的な面から性交障害となることもあります。

どう克服すれば良いのか

原因をしっかり把握する事が大切

何がトラウマとなっているのかを把握しておけばそれに対する処理の仕方も変わってきます。まずは原因を理解し向き合うことが必要です。

心療内科・心理カウンセラーに相談

なぜセックスができないのかの原因が分からないのであればお医者さんや、専門のカウンセラーに相談してみましょう。また原因が明確になっていても一歩踏み出せない方は一度受けてみてもよいかもしれません。

本当に好きな人を作る

初恋の時のように心から好きな人を作ってみて下さい。大人になると邪心が出てきて身体が目的なんではと勘ぐることもあるかと思いますが、あなた自身を見てくれている人が出てくるはずです。自分がこの人ならと思える相手を一人探してみましょう。

彼氏に言うべき?

自分がセックスに対してトラウマがあることを彼氏に言うべきでしょうか?またそのわけとは何なのでしょう。

正直に気持ちを伝えよう

セックスが怖いことを隠しているのは彼氏ももしかしたら分かっているのかもしれません。何も隠さすに言い合える人であればその人のことを信じてみましょう。相手に正直に伝えることで今度の関係も良好なものになっていくことでしょう。

受け止めてくれる人こそ本物の愛

むしろセックスがトラウマになっているからと言って嫌がる男性はほぼいません。それで別れるような関係であればそうした方がいいくらいです。切り出す勇気は必要でしょうけど、「そんなの気にするな」くらいの包容力のある人をぜひ見つけて下さいね。

必ず克服できると信じ踏み出す勇気を

必ず克服出来る!とは断言は出来ません。ただ克服している多くの方は克服できることを信じてきています。どんなに辛いことが過去にあったとしても乗りきれない試練は神は与えません。あなたの想いが現実になることを心より願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です