仕事ストレスは最大の敵!勃起力低下の原因と対策

仕事に忙殺されるあまりストレスが溜まっていませんか?ストレスは身体に悪影響を及ぼします。抜け毛や肥満、病気など影響範囲は多岐に渡ります。

実は男性特有の悩みである「中折れする」「性欲が湧かない」といった勃起力の悩みとも無関係ではありません。

心と勃起は深い関係がある

勃起不全が起きる原因の8〜9割は“心”によるものと言われています。つまり、心と勃起は密接な関係にあるのです。心の状態が乱れていれば、どんな美女を目の前にしても、勃起しないことも起こりえます。

最大の原因になるストレス

勃起力低下の最大の原因はストレスにあります。特に現代社会はストレスを抱えやすい環境です。その証拠に、日本は経済的には豊かになりましたが、幸福度は低い国として悪名を馳せています。

・ストレスの種類(仕事・家庭・人間関係・SEXへのプレッシャーなど)

現代社会はストレスの原因になることばかりです。仕事の重圧、家庭を持つ責任、複雑な人間関係、SEXに対するコンプレックスなど、考えだしたらキリがありません。

・特に多いのが仕事のストレス

仕事によるストレスで苦しむ人は特に多いと言われています。上司からのプレッシャー、クライアントからの叱責、次から次へと発生する課題、それでも迫ってくる納期。仕事のストレスが原因で病気にかかる人も、年々増加傾向にあります。

なぜストレスで勃起しなくなるのか

一体ストレスと勃起には、どのような因果関係があるのでしょうか。ストレスと人間の身体との関係について見ていきましょう。

・自律神経が乱れる

過度なストレスの蓄積は自律神経に乱れを生みます。自律神経とは、自分の意思とは関係なく、身体の機能を動かいている神経。栄養を吸収したり、心臓を動かしたり、老廃物を回収するなど、人間にとって欠かせない存在です。

さらに自律神経は、“交感神経”と“副交感神経”の2つに分類されます。人間はこの2つの神経が状態によってバランスを取りながら身体を機能させています。しかし、このバランスはストレスによって崩されやすいです。

・性的興奮の妨げとなる

この自律神経の乱れが性的興奮を妨げます。実は勃起する時は副交換神経が優位になっています。しかし、自律神経が乱れていると、副交感神経の優位が保たれず、勃起させようにも勃起しない事態に陥ってしまうのです。

勃起と副交感神経

正常に勃起するためには副交感神経が優位に働いていることが必須になります。副交換神経が優位に働くためには何が大切なのでしょうか?

・交感神経と副交感神経のバランスが大切(リラックスが大切)

勃起するためには、交感神経と副交換神経のバランスが重要です。自律神経を乱す主な原因は“ストレス”。そのため、できるだけリラックスする時間を確保することが大切になります。

・ストレスへの抵抗力が必要

ただ、リラックスする時間を確保するだけでは足りません。同時にストレスへの抵抗力を鍛える必要があります。仕事で何か失敗したときでも、自分自身を責めないようにしましょう。失敗もポジティブに捉えることで、ストレスの発生は軽減します。

セロトニンでポジティブになろう

ネガティブになるのではなくポジティブになる努力をしましょう。ポジティブになるためには、セロトニンというホルモンを上手く利用することが大切です。

・セロトニンの効果

セロトニンというのはホルモンの1つで、精神の安定や安らぎをもたらしてくれます。幸福ホルモンとも呼ばれ、ポジティブになるには欠かせません。セロトニンが不足するとマイナス思考になり、イライラすることが多くなります。

・セロトニンの分泌を促す方法(運動、太陽光を浴びる)

セロトニンの分泌を促すには、“太陽の光を浴びること”“ホルモン分泌が盛んな22時から2時の間に寝ること”“運動をすること”が大切になります。朝の時間のジョギングはおすすめです。

セロトニンを減少させるのは、睡眠不足や飲酒・喫煙、ストレスや運動不足などです。心当たりがある方は注意しましょう。

低下した勃起力は回復する?

一度低下してしまった勃起力が回復するのでしょうか?結論から言うと、勃起力は回復します。勃起を妨げる要因を排除し、身体の調子を整えることが重要です。

・ストレス発散・十分な睡眠・適度な運動(体内時計の調整も大切)

自律神経を乱す原因のストレスを発散させましょう。自分の趣味に没頭するのも良し、普段食べないような美味しい食事を食べるも良しです。

また、7時間程度の十分な睡眠をとりましょう。特に22時から2時の間はホルモン分泌が盛んな時間帯です。セロトニン分泌を逃さないように、早寝早起きのリズムにしていきましょう。

さらに、平日は一日中会社に居て、休日は家でゴロゴロするという方は、圧倒的に運動が不足しています。20分程度のウォーキングやジョギングから始めることがおすすめです。太陽の光を浴びながら運動すれば、セロトニンの分泌が盛んになります。

・サプリ・精力剤

サプリメントや精力剤を使うのも1つの手段です。食事だけでは補えない、勃起を補助する栄養素や成分が含まれてます。男性ホルモンの分泌を促進する成分や、血液の促進を促す成分などです。

放っておかずに対策を!

勃起力は必要な対策を打てば、回復する可能性が高いです。衰えてしまったことに嘆いて、何も対策をしないことが、一番いけません。小さなことから改善をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です