慢性腎臓病とは?放っておくと危険な病気…その理由とは

慢性腎臓病とは、最近では生活習慣などから発症するケースもある国民病の一つとされつつあります。また腎臓は肝臓同様に「物言わぬ臓器」とされ自覚症状も出づらい器官です。症状がひどくなれば命の危険性は勿論、生涯に渡り人工透析の必要すらあります。

CKDとは新しい国民病

慢性腎臓病(=以下、CKD)とは慢性的に腎臓機能が低下する病気で、最近では新たな国民病の一つとされます。あるデータによると患者数は1,330万人ともいわれ、これは実に20歳以上の成人8人に1人という計算になります。メタボリックや生活習慣病などがCKDの発症やリスクを高めるので、日頃からの予防も大切です。またCKDの診断としては「腎機能が60%以下に低下した状態」あるいは、「腎障害が3か月以上続いた状態」のこととされます。

慢性腎臓病の原因

慢性腎臓病の原因は以下に大別されます。

生活習慣病

「高血圧」・「糖尿病」の方は注意が必要です。特に「高血圧」とCKDの関係は最悪で、「高血圧になると腎臓の働きは低下し」、「腎臓の働きが低下すると高血圧になる」という悪循環になります。またCKDは「糖尿病」の三大合併症の一つでもあります。

肥満・喫煙・飲酒・ストレス

肥満・喫煙・アルコールの取りすぎ・運動不足・ストレスもCKDの危険要因です。

慢性腎臓病の症状と進行

初期症状は自覚がない

初期にはほとんど自覚症状はありません。

進行してくると現れる5つの症状

①夜間の頻尿(夜間に3回以上のもの)

②貧血・立ちくらみ

③だるさ

④むくみ

⑤息切れ

CKDが進行すると上記のような症状が出てきます。ですが、この時には既にかなり進行しているケースが考えられます。

さらに進行すると重病発症率UP

さらにCKDが進行し重篤化すると、腎臓の動きが低下し心臓や血管に負担がかかり「心筋梗塞」や「脳卒中」を引き起こす恐れがあります。また慢性腎不全は末期になると人工透析の必要性があります。

慢性腎臓病の診断

腎障害

①たんぱく尿などの異常尿がある場合{特に0.15g/gCr以上のタンパク尿(30mg/gCr以上のアルブミン尿)がある。}

②血液・血尿の検査により腎障害が明らかである場合

腎機能低下

血清クレアチニン値をもとに糸球体濾過量を推定した推算GFR(eGFR)が60mL/分/1.73㎡未満が持続した状態

①、②のどれか、あるいはこの状態が3ヵ月以上継続するとCKDと診断されます。

 

慢性腎臓病の治療方法

生活習慣の改善

CKD(慢性腎臓病)は生活習慣病が要因となる分、日々の生活の中で取り組めるもので予防にも繋がるものがたくさんあります。以下のものは健康的な生活を送るためにも必要なものばかりですので、家族全員で目標にしていただきたいです。

 

タバコ・・・・高血圧の原因にもなります。禁煙がのぞましいです。

飲酒・・・少量であれば構いません。ですが飲みすぎは注意です。

運動不足・・・適度な運動が重要です。糖尿病や高血圧の予防にも繋がります。

水分・・・意識をして十分に採るようにしましょう(透析の必要のない場合など条件アリ)。

睡眠・・・十分な睡眠が好ましいです。

ストレス・・・ストレスのため込みは大敵です!

食事療法

日頃から減塩を意識した食生活に切り替えましょう。ジャンクフード・ファーストフード・外食は塩分も高く味付けも濃いのが一般的です。インスタント食品・コンビニフード・お菓子なども同じ理由から気を付けてほしいポイントです。CKDのステージによって細かく蛋白質やカリウムなどの摂取制限は違ってきますが、基本は塩分、1日6g未満が目標です。野菜中心のバランスの良い食事が理想的です。

 

血圧・血糖値の管理

血圧の管理は最も重要なCKD治療の一つです。日頃から定期的な血圧測定や血液検査などを心がけましょう。またCKDの方のうち約4割の方が糖尿病を合併しているという状況です。厳格な血糖コントロールも求められます。

減量などの脂質管理

メタボリックシンドロームとも関係深いために肥満の方は減量が求められます。CKDの危険要因の一つです。またメタボリックシンドロームの症状としては「高血圧」・「高血糖」・「脂質異常」があり、腎臓の働きを低下させる危険があります。つまりメタボリックシンドロームの方は、CKDになりやすいということです。

軽度でも重病を招く

早期発見・早期治療が大切

腎臓は肝臓と同じように「沈黙の臓器」と言われます。初期の頃には自覚症状がほとんどないために、自覚症状が出る頃には既に重篤しているというケースが多いからです。なので早期発見・早期治療により腎臓の働きを低下させないことが一番大切です。腎機能は一度働きが低下してしまうとその後、回復は難しく病気の進行を遅らせることしかできません。

定期的な健康診断を

CKDの早期発見・治療には以下の定期的な検査が必要です。

①尿中の蛋白質を調べる尿検査

②血液中のクレアチニンを調べる血液検査

放っておかずに必ず治療を!

成人8人に1人は罹る恐れもある慢性腎臓病(CKD)。高血圧など生活習慣病を原因とするなど誰にでもかかる可能性のある身近な恐ろしい病気です。また初期は自覚症状がなく発見が遅れることも多く、放置した結果、最悪は腎不全にいたる場合もあります。そうなると透析が必要となりQOL(生活の質=クオリティライフ)が低下してしまいます。ですがCKDの予防には日常から取り組めることも多いです。日頃からの予防は当たり前ですが、メタボリックと診断されている方・高血圧の方など思い当たるところがあれば正しい診断と治療が必要です。定期的な健康診断から始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です