運動で精力高める?!効果のある運動はこれだ

「性欲が減ってきた」「中折することが増えた」そんなことでお悩みではないですか?年齢とともに精力は減退していきますが、そんな中でも精力を高めていく方法があります。それは“運動”です。 今回は精力を高める運動について詳しくご紹介します。

精力を高める運動はどんな方法がある?

精力を高める方法としては、「食事を変える」「質の良い睡眠を取る」など様々あります。中でも今回ご紹介する運動は最も効率よく、精力を高めることに適している方法です。

運動不足=精力ダウン?!

あなたは最近運動をしていますか?久しく運動らしい運動はしていないという方は黄信号です。実は、運動不足は精力ダウンに大きく関係があります。

・筋力の低下は男性ホルモンの低下

運動不足による筋力の低下は、男性ホルモン分泌量の低下に繋がります。要因は2つ。

 

1つ目は、血液の質です。運動不足の人の血液はドロドロになりやすく、不完全な勃起に繋がります。

 

2つ目は、男性ホルモンの分泌量です。運動によって男性ホルモンの分泌が増加しますが、運動をしないと男性ホルモンの分泌量は減少の一途を辿ります。

・自律神経が乱れ性欲ダウン

運動不足に陥ると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れます。当然、男性ホルモンの分泌にも支障をきたし、性欲ダウンに繋がっていきます。「なんか気だるい」「無気力」などの状態に陥りやすくなっていませんか?

どんな運動方法が効果あるの?

それでは、実際にどんな運動が精力アップに効果的なのでしょうか?5つご紹介します。

・筋トレ(重量上げ)

筋トレは非常に有効です、筋トレを行うことによって、男性ホルモンが筋肉で消費されることによって、脳から男性ホルモンの分泌命令が発せられます。結果的に、精力の源である男性ホルモンの分泌量が増加し、精力アップに繋がります。ただし、長時間のトレーニングは精力を弱める可能性があるので注意しましょう。

・会陰トレーニング

会陰トレーニングは、勃起時にペニスに流れ込んだ血液を外に逃げないように抑える筋肉を鍛える効果があります。精力と勃起力に繋がります。

・スクワット

スクワットは下半身を鍛えられます、下半身の筋肉は大きいため、大きな男性ホルモン分泌効果が期待できます。また、骨盤内の血行を改善や会陰トレーニングと同様の効果も得られるので、中折や勃起不全の悩み解消に繋がる可能性があります。特にゆっくり行うスロースクワットがおすすめです。

・有酸素運動(ウォーキングや軽いジョギング等)

基礎代謝を高める有酸素運動が良いです。マラソン大会のように激しく走るのでなく、ゆっくりとしたペースで走るのがポイントです。20分を目安に毎日行うようにしましょう。脂肪燃焼やストレス解消にも繋がります。

・ チントレ(血流アップ)

チントレを行うことで骨盤周りの血流を促進します。勃起時のペニスを引っ張ったり、圧迫するトレーニングがあります。

オススメは筋トレとスクワット

上記に紹介したトレーニングの中で一番のおすすめは筋トレとスクワットです。理由を2つご説明します。

・骨盤底筋群を鍛える

スクワットは下半身を鍛えられます。とりわけ骨盤底筋群を鍛えることが効果的。骨盤底筋群を鍛えることで、勃起時に血液が外に逃げるのを防げ、勃起力や持続力アップに繋がります。悩ましかった中折れ問題も改善されます。

・テストステロンの分泌を促す

筋トレもスクワットも筋肉を鍛えることで、筋肉を増強させる男性ホルモン“テストステロン”の分泌が増加します。実はテストステロンは男性の精力にも大きな影響を与えるホルモンで、男が「男らしさ」を出すために必要不可欠な存在です。ここでオススメの筋力トレーニングとスクワットの方法をご紹介します。

・筋力トレーニング(ベンチプレス)

ベンチプレスは胸を鍛えるトレーニングです。胸は身体の中でも大きな筋肉部位なので、テストステロン分泌に効果的です。

① シットベンチに仰向けに座り、乳首より少し下にバーベルが来るようにセットします。

② 肩幅より少し広く手幅を持ち、ゆっくりと上にあげます。

③ ゆっくりと下ろします。バーベルが胸につかないようにしましょう。

④ 真上にゆっくりとバーベルを上げます。

・スクワット

スクワットを効果的に行うためには幾つか注意が必要です。

①足を肩幅よりも少し広く広げます。

②両手を前に突き出して、肛門に力を入れながら、ゆっくりと腰を落とします。膝がつま先よりも前に出ないように意識しましょう。

③ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

サイクリングは逆効果?

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的であれば、サイクリングも同様に効果的なのではないか?という疑問が浮かんだ方もいるかもしれません。結論から言うと、サイクリングはおすすめできません。

・サドルの圧迫がNG

サイクリングがNGな理由はサドルにあります。サドルに乗ることで、ペニスと肛門の間にある会陰が圧迫されます。この会陰が長時間圧迫され続けることで、骨盤周りの血流が悪化してしまいます。

圧迫が続くと、前立腺の炎症を招きく恐れもあります。また、サドルに睾丸が圧迫され、精子減少に繋がる可能性も無視できません。

・ 適度にならOK

だからといって、生活の中から自転車を無くすような極端なことをする必要はありません。近所のスーパーやコンビニ行くように、適度に乗る分には全く問題ありません。

運動+精力剤で効果UP

精力アップには運動が欠かせません。もし、もっと昔のような精力を取り戻して、早く夜の悩みを解決したいという方がいるなら、精力剤の利用をオススメします。

・ 精力剤の成分吸収率向上

精力剤はごまんと存在しますが、アルギニンとシトルリン入りのもの選ぶと良いでしょう。アルギニンもシトルリンもアミノ酸の1種で、血管拡張による血流改善、疲労回復の向上効果があります。筋肉増強効果もあり、アスリートも積極的に摂取している安全性の高い成分です。

・プロテインよりも精力剤

筋力アップにはプロテインを購入すべきですが、純粋な精力アップ目的では精力剤を購入しましょう。おすすめ精力剤はこちらです。

①シトルリン2000

シトルリンをたっぷり2000mg摂取できるサプリメントです。精力向上に効果的なシトルリンのみを配合したサプリメントで、勃起力の減退や中折れなどの問題を解決してくれます。副作用の報告もあがっておらず、安心して利用できます。

②マカエンペラー

配合されているアルギニンとシトルリンが、血の巡りを促進。勃起力・持続力アップに大きく貢献をします。また、「マカ」や「クラチャイダム」が配合されており、男性にとって重要な栄養をバランス良く摂取できるのも人気の秘訣です。

継続する事が大切!

精力アップの道は1日して成らず。毎日継続することが大切です。はりきって過剰な運動を詰め込みすぎると続けるのが苦しくなります。少しずつでもいいので、毎日こなせる量でスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です