EDはタバコに原因あり?勃起能力の衰えと喫煙の深い関係

タバコと言えばガンなどさまざまな病気の原因にもなると言われていますが、EDも例外ではありません。実際ED患者の多くが喫煙者と言われています。ではタバコがどのようにEDに影響してくるのか、その因果関係を解説していきましょう。

タバコがEDを加速させる

「最近女性との行為の際勃起しにくくなった」、「行為の途中に中折れしてしまう」などと言った声が喫煙者からよく聞かれます。

実はタバコはEDを引き起こし、加速させてしまう原因の一つです。

ではなぜタバコがEDを加速させてしまうのか、勃起のメカニズムやタバコが与える影響なども含めながら詳しく紹介していきましょう。

タバコとEDの因果関係

勃起のメカニズム

性的興奮を受けるとその情報が勃起中枢に伝わり、そこからペニス内部にある陰茎海綿体にも伝わり、「サイクリックGMP」という物質が作られるのです。

サイクリックGMPには陰茎海綿体内の筋肉を緩め血管を広げる効果がるため、広がった血管から大量の血液が流れ込みます。そうすることで垂れ下がったペニスが膨れ上がり、硬くなって立ち上がった状態になるのです。これが勃起のメカニズムになります。

EDの8割以上が喫煙者

実はEDで悩んでいる人の8割以上が喫煙者と言われています。

そのことからもわかるように、タバコが原因でEDを引き起こしていると考えて良いでしょう。

タバコでEDになるわけ

ニコチンが血流に影響を与える

上記でも説明した通り、勃起させるためには血管が拡張し、陰茎海綿体内に大量の血液を送り込まなければいけません。

しかしタバコに含まれるニコチンには血液を収縮させ、血の流れを悪くする作用があります。そのためタバコを吸うことで思うように陰茎海綿体内に血液が送り込まれなくなるため、「勃起しない」「行為の最中に中折れしてしまう」といったEDの症状が出てしまうのです。

喫煙による老化

タバコの煙には有害物質が含まれていることはみなさんご存知の通りだと思いますが、実はタバコの煙を吸うことで体内では活性酸素が大量に発生してしまうのです。

活性酸素が大量に発生すると、血管などを酸化させてしまうことでどんどん血管が老化していきます。血管が老化すると血の流れが悪くなってしまうことから、EDに繋がってしまうのです。

 

禁煙すればEDは治るの?

タバコをやめればEDはよくなる

ではタバコをやめればEDは改善されるのかというと、改善されることが多いでしょう。なぜなら禁煙することで、血管が収縮したり老化するのを防ぐことができるからです。実際ED治療を行っている病院の治療記録では、禁煙を行ってEDを克服した人が多数いました。そのことからも、禁煙はEDに効果的と言えます。

禁煙のストレスによるデメリット

禁煙がED治療には効果的と説明しましたが、今まで1日1箱以上吸っていた人が急に禁煙するのはかなり大変です。実際無理して禁煙を行ったことで、ストレスが溜まり逆にEDが悪化してしまったというケースもあります。ストレスもEDを引き起こす原因の一つなので、無理な禁煙はお勧めできません。

ではどうすれば良いのかというと、タバコの量を徐々に減らしていくと良いです。ただし、適当にやってもあまり効果は得られないことも多いため、ここではタバコの害を極力減らしながら徐々に本数を減らす方法を紹介します。

 

  • タバコは半分吸ったら捨てる

タバコは根元に行くほど濃度が高くなっているため、半分ほど吸ったところで捨てるようにすると1本丸々吸ったときより1/4程度の害で済みます。

  • タバコを吸う時間や本数を決める

何気なく吸っているとどうしても本数が増えてしまうため、1日の中で吸う時間や本数を決めましょう。そうすることで確実に本数を減らすことができます。

 

以上の点を守り、少しずつ禁煙を進めてみましょう。

タバコだけでなく生活習慣も見直そう

EDを治すためにはタバコだけでなく、食生活の見直しや適度な運動をすることで血行促進につながり、より改善が期待できます。特に食生活では、血行を良くする働きがある下記の栄養素を積極的に摂取すると良いです。

  • 亜鉛(牡蠣・豚レバーなど)
  • ビタミンE(アーモンド・ウナギ・かぼちゃなど)
  • ビタミンC(アセロラ・ゆず・キウイなど)
  • ビタミンB1(豚肉・牛肉・豆類など)

 

食事での摂取が厳しい場合は、サプリメントでの摂取も検討すると良いでしょう。

メンソールで悪化する?

メンソールタバコとED

メンソールタバコは、特にEDになりやすいという噂を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。なぜEDになりやすいと言われているのかというと、「メンソールが脊髄にある勃起中枢に悪影響をもたらす」と言われているからです。勃起中枢は勃起させるうえで重要な機能を果たしているため、この機能が低下することでEDを引き起こしていると考えられています。

ただし、この情報はあくまで噂であって科学的根拠は全くありません。

タバコでED治療薬が効かなくなる?

タバコとED治療薬

タバコを吸っているとEDになりやすいと説明してきましたが、ED治療を行っていくうえでもタバコは障害になってしまいます。

そもそもED治療薬で使われているバイアグラ・レビトラ・シリアスには、勃起に必要な「サイクリックGMP」を除去してしまうPDE-5の働きを抑える働きがあります。PDE-5の働きを抑えることで血液の拡張がスムーズに行われ、陰茎海綿体内に大量の血液が流れ込むことでED解消に繋げているのです。

しかしタバコを吸うことでED治療薬によってせっかく拡張された血管が収縮してしまうため、思うように効果が出ないことも珍しくありません。

ですのでタバコを吸うことで、ED治療薬の効果を半減させてしまうことも多いのです。

ED克服の第一歩として

タバコはEDを引き起こすだけでなく、ED治療薬の効果も半減させてしまうものです。ただし無理に禁煙を行ってても、人によってはストレスになってしまい、逆にEDを悪化させてしまうことも珍しくありません。そのためED克服の第一歩として、まずは少しずつタバコの量を減らし、食生活などの生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です